TOP

ハレの日をイヤーマフじゃなく
オシャレ耳栓で迎えてほしい!

ハレの日をイヤーマフじゃなくオシャレ耳栓で迎えてほしい!

iroiroは聴覚過敏やミソフォニアをもつ人が快適に過ごせる日常を追求するプロジェクトです

聴覚過敏とミソフォニアをもつ
妹の声から始まりました

音に過敏な妹たちは「イヤーマフ・耳栓・ノイズキャンセリング」の 防音アイテム3点を、場所に合わせて着用しています。

音よりも、見た目から「周囲の視線/勘違い」や「情報の少なさ」により、より悪化する原因でした。また気づかない間に家族や友達でさえ無理解の当事者になっていました。

そんな中、「音を防音するのも私らしさ!メガネのように隠さず、堂々と着けられる存在になったらいいのになー!」と笑顔で話す妹の声から、オシャレな存在に変え、あたりまえを変えていくことで私らしく過ごせるように!という想いから、iroiroは立ち上がりました。

自分事だけで終わらせず、もっとその先へ
Fashionable×Inclusiveをテーマに

認知度がまだ低い「音×ストレス」は、 実はとても身近で誰もが抱える悩みです。

防音アイテムが、メガネのように日常的に、ファッションアイテムとして着用できるくらいアタリマエのものとなり、その人らしさを表すひとつとなるように。

自分たちの原体験を通し、 明るくクールに広めていくことがミッションです。

iroiroについて

誰もが音に過敏になりうる時代

ストレスやホルモンバランスにより、日常的な音が苦手になることがあります。


  • 隣の人のタイピング音


  • テストの時のペンの音


  • 生理中の周囲の音

「黒板のひっかき音」と聞くと嫌悪感が湧く、この感覚はミソフォニアに近いものです。
また音が大きく聞こえて疲れてしまう場合は、聴覚過敏の可能性があります。
意外と身近にいたり、もしかすると実は自分も…?と気付く人が増えています。

音×ストレスを知る

About us

誰かが変えてくれると待ち続けた10年間は、過敏性の悪化に繋がりました。
情報がなく困っていた自分たちのように同じ悩みを抱える人が増えないように、私たちの原体験を紹介しています。

Message

Need your support.
私たちだけでは解決できない問題がまだまだ多く、 皆さまの ”力” をお貸しいただけたら幸いです。

Contact

ご相談やご依頼等どなたでもお気軽にご連絡ください♪

  • 当事者のリアルな声を募集中!
    寄稿&取材OKな方

  • どんな声でもOK!
    載せてほしい情報、伺いたい内容etc..

  • iroiroについて
    お仕事や取材に関するご連絡

お便りを出す