Earwearへの想い

Earwearへの想い

きっかけは
防音アイテムを日常的に着用する妹の存在。

そして対話から気付いたEarwearの可能性。

聴覚過敏とミソフォニアの症状がある妹は中学高校の6年間、イヤーマフ・ノイズキャンセリング・耳栓を着けて、学校生活を過ごしていました。

メガネと同じ感覚でイヤーマフを着けて過ごすと、見た目の「違和感」から「失礼」と言われることが多い日々。

次第に周囲の目が怖くなり隠して使用。着用せずに我慢・・・気づけば人と接する機会は減り、
「これがあたりまえだから」と話す妹。

どうにかして力になりたい。

そう思い対話を重ね、
一番の問題は「周囲からの見え方」だと気付きました。見られ方が不安やストレスとなり、さらに音の過敏性を上げていたのです。

実際に「目立たない」「隠して使用」という言葉で検索している人がたくさんいることを知り、妹だけの問題ではなく隠れた問題でもあると知りました。

「メガネのような存在になってほしい。」
この言葉をヒントに耳でも日常使いできるアイテム、新”Ear”wearをつくろうと思いました。

それぞれの日常用途に合わせ、
誰もがいつでも、
着用できて、
隠さなくてもいい、
むしろ私らしく過ごせる
プチハッピーアイテムのひとつになる新たな耳栓にしたい。

「勘違い」「偏見」を「ファッショナブル」で解放する。そしてインクルーシブデザインを軸につくろうと立ち上がりました。

今まで気付かないうちに諦めていたことを Earwearとともに再出発できれば。

たくさんの人が新たなつながり・コミュニケーションになるきっかけになれるアイテムになれると信じています。

Earwear for Everyone,Everyday.